タイと私と仏教と ~タイのお寺・神社・博物館から~

タイのお寺が好きな@yayoiです。タイのお寺を通して、たくさんの出逢い。もっと広くタイ人の信仰について研究中!

人がいない空港で神々とアシュラは何をしているのか?!

f:id:at_yayoi:20200426101527j:plain

スワンナプーム空港 サムットプラカーン県

  

サワディーカー。

@yayoiです。

 

2020年になって、広がったCovid-19の

パンデミックの影響で、この記事を

書いている現在、どこの国々も飛行機の発着が

減少・キャンセルになっています。

 

それで、乗客がいない空港ってどんなだろう...と

考えていたら、スワンナプーム空港にある

有名なオブジェが頭に浮かんできました。

それがこの乳海撹拌の場面です。

スワンナプーム空港のパスポート・コントロール

出ると、人々の目にまず入るこの光景です。

f:id:at_yayoi:20200426101432j:plain

 

 

 

  

スワンナプームとは...?

  

スワンナプーム空港は、

私が2005年から2009年までタイに住んでいる間の

2006年にオープンした空港です。

2005年、日本から引越してきた私が、初めてタイに

降りたった空港はドンムアン空港でした。

その翌年からは、タイを出国するたびにみかける

このオブジェですが、オープン当時は

タイ語と英語の説明書きくらいしかないうえに

ヒンドゥー教の神々にも興味がない私には

“ 空港にある巨大な像 ”くらいにしか

思わなかったのです。

 

2009年5月 朝の7時に撮った写真です。 

f:id:at_yayoi:20200426101459j:plain

 

2019年8月 朝7時半くらいに撮った写真です。

約10年の間、ほぼ変化なく保たれています。

f:id:at_yayoi:20200426101315j:plain 

 

スワンナプーム(สวรรณภูมิ)とは、

サンスクリット語のスヴァルナ・プーミが

語源で、“ 黄金の地 ”  “ 黄金国 ”の

意味です。

 

この黄金国は、かつてインドのアショーカ王が仏教を

広めるために諸国に伝道師を派遣した国のうちの

一つの地名で、ソーナとウッタラという

二人の長老が派遣された場所だといわれています。

 

それが位置する場所は、

ミャンマーのタトンあたり(オレンジの〇)である

という説やタイのナコンパトムあたり(黄色の〇)

であるという説などがあります。

f:id:at_yayoi:20200426101256j:plain

 

 

『ラーマキエン』と乳海撹拌事件とは…?

  

このオブジェになっているのは、

「乳海撹拌」というヒンドゥー教の神々が

引き起こした大事件です。

インドでは古代インドの叙事詩

マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』の

両方に収録されているようです。

 

タイでは『ラーマーヤナ』のタイ版とも

言われる『ラーマキエン』に収録されています。

タイでは小学生でこの物語について習う様ですが、

この中にでてくる登場人物は

ヒンドゥー教の神々や動物の神々、鬼神など

いろいろいて、それらの像はタイの仏教寺院でも

よく見かけるのです。

 

そのような訳で、今回はこの「乳海撹拌」について

記事にしてみようと思います。

  

 

なぜ乳海をかきまわしたか...?

私は、現在アニメーションを見ながら

『ラーマキエン』を勉強中です。

そこで、そのアニメーションの

一場面を取り上げて、事の顛末を

説明してみようと思います。

 

トゥラワート仙人が呪いをかける

f:id:at_yayoi:20200426105955j:plain f:id:at_yayoi:20200426102455j:plain

シヴァ神の化身の一人、トゥラワート仙人が修行中に

エラワンに乗ったインドラ神が通りかかりました。

 

f:id:at_yayoi:20200426110220j:plain

トゥラワート仙人が花環を差し出しました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102503j:plain

しかし、その香りでエラワンは酔ってしまい、

花環をバラバラにして立ちさりました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102508j:plain  f:id:at_yayoi:20200426102700j:plain

怒った仙人はインドラ神をはじめとする

神々がアシュラ(鬼神)と戦い、何度も負けるようにと

呪いをかけてしまいます。 

 

アシュラたちに負けてばかりの神々  

f:id:at_yayoi:20200426102513j:plain  f:id:at_yayoi:20200426102704j:plain

それからというもの神々は、何度アシュラと

戦っても負けてばかりいました。

そこで神々はシヴァ神に相談したところ、

シヴァ神は神々にヴィシュヌ神

助けてもらうように助言しました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102517j:plain

ヴィシュヌ神は “ 解決策は一つ。不老不死の霊薬アムリタが

できるまで、海をかきまわし、できた霊薬を飲むしかない “ 

と言いました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102520j:plain

しかし、海をかきまわすには神々の力だけでは

足りないので、インドラ神がアシュラたちに

霊薬を分けるといって手伝うようにもちかけます。

  

いよいよ乳海撹拌が始まる!

f:id:at_yayoi:20200426102708j:plain f:id:at_yayoi:20200426102532j:plain

海をかきまわすのには、マンタラ山を撹拌棒とし、

ナーガ(ヘビの神)を巻き付け、

ヴィシュヌ神は山を支えるためにカメに姿を変え、

海の底に沈みました。

 

スワンナプーム空港のオブジェのカメです。

f:id:at_yayoi:20200426101521j:plain 

f:id:at_yayoi:20200426102528j:plain f:id:at_yayoi:20200426102524j:plain

そして撹拌が始まりました。

 

     スワンナプーム空港のオブジェは

     まさにこのシーンを表しています。

 

ナーガの頭の方には鬼神たち。

f:id:at_yayoi:20200426101328j:plain

f:id:at_yayoi:20200426101341j:plain

f:id:at_yayoi:20200426101418j:plain

  

ナーガの尾の方には神々たち。

f:id:at_yayoi:20200426101302j:plain

f:id:at_yayoi:20200426101354j:plainf:id:at_yayoi:20200426101406j:plain

  

2009年に撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20200426101517j:plain

f:id:at_yayoi:20200426101512j:plain

 

2019年に撮影したものです。

f:id:at_yayoi:20200426101220j:plain

f:id:at_yayoi:20200426111649j:plain

 

 毒をのむシヴァ神

f:id:at_yayoi:20200426102537j:plain

ところが、かきまわすこと数100年に及び、

巻き付いているナーガが弱って、

吐き出したものが黒い毒となって空へ広がって行きました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102541j:plain

このままだと毒が世界を破壊すると考えた

シヴァ神は毒をすべて飲み込みました。

それでシヴァ神ののどは黒くなりました。

 

☞ シヴァ神は青い肌の色で表現されていますが、

  それはこの毒を飲んだ黒から来るのではなく、

  ヒンドゥー教では黒は不浄な色とされるので、

  インドでは浅黒い肌を表現するのに、

  青を使ったそうです。

(『いちばんわかりやすいインド神話』より)

 

乳海からでてきたもの

その後、1000年が経つまでずっと乳海は

濃くなるまでかきまわされました。

そして、たくさんのものが生み出されました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102545j:plain f:id:at_yayoi:20200426102549j:plain

例えば、月や牛。 

f:id:at_yayoi:20200426102554j:plain f:id:at_yayoi:20200426102558j:plain

白馬ウッチャイシラパやラクシュミー

f:id:at_yayoi:20200426102602j:plainf:id:at_yayoi:20200426112838j:plain   

白象のエラワンや酒、聖樹パリチャー。

 

f:id:at_yayoi:20200426102615j:plain

そして最後に出てきたのが

霊薬アムリタです。

 

神々がアシュラをだます 

f:id:at_yayoi:20200426102619j:plain

霊薬アムリタができると、

神々とアシュラは霊薬アムリタをめぐって

12日間も争いました。

 

f:id:at_yayoi:20200426102622j:plain

そこで、ヴィシュヌ神は美しい天女に変身し

アシュラの気をひき、その間に神々は

アムリタを口にしました。

 

スワンナプーム空港のオブジェの前にある

霊薬アムリタです。

f:id:at_yayoi:20200426101447j:plain

 

 

  この先は、物語に続きがありますが、いつか

  お寺歩きにあわせて記事にしたいと思います。 

 

さて、24時間絶え間なく、人がいる空港。

人がほとんどいないと思われる今、

空港はどうなっているのでしょう…

だれもいなくても

神々とアシュラが乳海をかきまわす

音だけが聞こえていたりして...?!

 

きっとヴィシュヌ神が見張っていますね。

f:id:at_yayoi:20200426101506j:plain

 

さて、アシュラたちは仏教に帰依してからは

お寺の守護神となりました。

もちろん、スワンナプーム空港でも

12体の鬼がタイという国を護っています。

 

鬼が整列した看板がありました。

f:id:at_yayoi:20200426101244j:plain

 

最後にヴィシュヌ神の後ろ姿です。

f:id:at_yayoi:20200426101541j:plain

 

 

< スワンナプーム国際空港 >

 

タイ語名称 ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ

       ターアーカーサヤーンスワンナプーム

 

英語名称  Suvarnabhumi Airport

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi