タイと私と仏教と ~タイのお寺・神社・博物館から~

タイのお寺が好きな@yayoiです。タイのお寺を通して、たくさんの出逢い。もっと広くタイ人の信仰について研究中!

〖タイの「市の柱」〗タイで最も大きい市の柱?

f:id:at_yayoi:20210424130447j:plain

サーン・ラックムアン プラチュアップキーリーカン

サワディーカー。

@yayoiです。

 

プラチュアップキーリーカン県といえば、

美しいビーチのあるフアヒンが、最も有名な

観光地かと思うのですが、私も好きなビーチで、

今までに数回訪れています。

f:id:at_yayoi:20210424130312j:plain

 

でも行くと、いつもフアヒン止まりで

そこから南の方へ行くことはありませんでした。

そこで、フアヒンから1時間くらい南下して行き

プラチュアップキーリーカン県の

” 市の柱 ” を参拝してみました。

 

 

 

 

タイで最も大きなサーン・ラックムアン?

 

このサーン・ラックムアンに関する

パンフレットがあったので、

いただいてきました。

f:id:at_yayoi:20210424112241j:plain

 

タイ語だけのものと、タイ語・英語・中国語・

ミャンマー語のものの2種類があり、

タイ語と英語の部分をみてみると

英語の方には、タイで最も大きく美しい”市の柱”

という表記がありました。

f:id:at_yayoi:20210424112255j:plain

 

確かに結構大きな敷地を有しています。

敷地内にはあちこちに木も植えられていました。

f:id:at_yayoi:20210424130546j:plain

f:id:at_yayoi:20210424130812j:plain

 

今まで私が訪れたサーン・ラックムアンの

中でもバンコクのサーン・ラックムアンと

並んで、または敷地的にはもっと大きいと思います。

以前書いたバンコクのサーン・ラックムアンの

記事です。

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

 

通りの反対側からみたサーン・ラックムアンの

全体の様子です。

f:id:at_yayoi:20210424130324j:plain

 

近寄ると少しずつ中の様子が見えてきました。

f:id:at_yayoi:20210424130343j:plain

 

出入口に向かいます。

f:id:at_yayoi:20210424130349j:plain

 

ここが入り口です。

f:id:at_yayoi:20210424130356j:plain

 

近寄って行きます。

f:id:at_yayoi:20210424130404j:plain

 

こちらのサーン・ラックムアンは

当時のプラチュアップキーリーカン県の知事である

アムヌワアイ・タイヤ―ノン氏が建てたもので、

1994年の完成後の儀式の際には、当時はまだ

王子だった現国王のKingRamaⅩが

お出ましになったとのことです。

 

従来、サーン・ラックムアンというものは、

そこにいる神様が、災害や災いを鎮めたり

とり払って、守ってくれると信じられています。

そして、地域の象徴であり、

住民の心の拠り所となるものであるから

それにふさわしく美しいものを建てようと

1年4か月の歳月と相当な予算をかけて完成させた

ものだそうです。

 

 

ロップリースタイルのプラーン

 

その美しいサーン・ラックムアンの外観を

写真を撮りながら1周してみました。

 

正面から撮りました。

階段にはナーガ(ヘビの神様)がいます。

f:id:at_yayoi:20210424130506j:plain

 

この正面を背にサーン・ラックムアンの

前に立つと、遠目にわずか見える青い海。

f:id:at_yayoi:20210424130825j:plain

 

斜めの角度から撮りました。

f:id:at_yayoi:20210424130431j:plain

 

また別の角度から撮ると、

サーン・ラックムアンを通して青い空が見え、

中の ” 市の柱 ” が浮き出て見えます。

f:id:at_yayoi:20210424130710j:plain

 

1つの扉は閉じられていて、そこを外から

撮りました。

扉を閉じると、鬼がいて近寄れない感じです。

f:id:at_yayoi:20210424130805j:plain

 

インドのグプタ朝のスタイルを模倣したという

プラーン(仏塔)が上にあり、高さは21mです。

斜めから撮った写真を拡大してみました。

f:id:at_yayoi:20210424130455j:plain

 

9層のプラーンの最上部には仏像が安置されてる

そうで、残りの8層には神様たちが安置されています。

1層目の破風には月を抱くラーフ―がいます。

f:id:at_yayoi:20210424130654j:plain

 

階段を数段上がった高いところに作られている

サーン・ラックムアン。

建物の外に銅鑼やお線香をお供えする

場所があります。

f:id:at_yayoi:20210424134653j:plain

 

 

八角形の天井の下に安置された“市の柱”

 

鬼が開けてくれている扉から入ります。

近くで見ると愛嬌のあるお顔立ちの鬼です。

f:id:at_yayoi:20210424130526j:plain

 

中の全体の様子です。

天井部分は八角形になっています。

f:id:at_yayoi:20210424130636j:plain

 

そして、これが ” 市の柱 ” です。

高さ2.74mです。

f:id:at_yayoi:20210424130607j:plain

 

この柱はChatu Chok(องค์จุดโชค)という名前で

毎年4月14日には儀式が行われるそうです。

f:id:at_yayoi:20210424130559j:plain

 

4つの頭と顔があり、シュリーヴィジャヤ様式の

彫り物が柱の周囲に施されています。

f:id:at_yayoi:20210424130519j:plain

 

  

四方にある ” 市の柱 ” をみつめる菩薩

 

このサーン・ラックムアンを四方から

守る祠が、東北、東南、西南、西北に

設置されています。

f:id:at_yayoi:20210424135351j:plain

 

斜めの角度から撮りました。

f:id:at_yayoi:20210424130417j:plain

 

この祠は菩薩の後ろ側にある扉だけが

閉められています。

f:id:at_yayoi:20210424130746j:plain

 

入り口には破風にサーン・ラックムアンと同様、

月を抱くラーフ―がいます。

f:id:at_yayoi:20210424130425j:plain

 

中には、それぞれがサーン・ラックムアンの方向を

見守るようにして菩薩が祀られています。

菩薩とは、一般的に悟りを求める者たちという

意味があります。

 

東北には阿閦如来(アシュク)如来

f:id:at_yayoi:20210424130500j:plain

 

東南には宝生如来

f:id:at_yayoi:20210424130437j:plain

 

西南には阿弥陀如来

f:id:at_yayoi:20210424130735j:plain

 

西北には不空成就如来

f:id:at_yayoi:20210424130703j:plain

 

如来とは修行を完成した者のことを

こう呼びます。

 サーン・ラックムアンの方からみる祠です。 f:id:at_yayoi:20210424130532j:plain

 

 

もう1つの守り神

 

そして、今回私が訪れた時には、

ソンクラーン(タイのお正月)用の仏像も

祀られていました。

f:id:at_yayoi:20210424130624j:plain

f:id:at_yayoi:20210424130616j:plain

f:id:at_yayoi:20210424130643j:plain

 

 

ソンクラーン用の仏像とは何か…

こちらの記事に書いたことがあります。

thai-yayoi-buddhism.hateblo.jp

 

 

高台からみるサーン・ラックムアン

 

サーン・ラックムアンの周囲を一周している間に

高台になにか見えました。

f:id:at_yayoi:20210424130753j:plain

 

ズームして撮った写真です。

f:id:at_yayoi:20210424130759j:plain

 

サーン・ラックムアンを参拝した後に

ここまで登りました。

そこから見えた風景です。

f:id:at_yayoi:20210424130847j:plain

f:id:at_yayoi:20210424130831j:plain

 

サーン・ラックムアンの部分を

トリミングしてみました。

f:id:at_yayoi:20210424130838j:plain

 

緑多い中にあって、南国の中の南にいるのを

感じたサーン・ラックムアンの参拝は

これで終わりです。

f:id:at_yayoi:20210424130722j:plain

 

 

<サーン・ラックムアン>

f:id:at_yayoi:20210424130335j:plain

 

正式名称 ศาลหลักเมืองประจวบคีรีขันธ์

          Prachuabkhirikhan City Pillar Shrine

 

所在地 1/12 ถนนพิทักษ์ชาติ ตำบล ประจวบคีรีขันธ์

    อำเภอเมืองประจวบคีรีขันธ์

    ประจวบคีรีขันธ์ 77000

    1/12 Pitak Chart Rd, Prachuap Khiri Khan,

    Mueang Prachuap Khiri Khan District,

    Prachuap Khiri Khan 77000

  

 

  

今回の記事は、

サーン・ラックムアンに置いてあった

パンフレット 及び

用語などは『岩波仏教辞典』を

参考にして書きました。

 

お読みいただきありがとうございました。

@yayoi